外と内から痩せる体へ!ヨガスタジオで体質改善

MENU

痩せやすい身体を作るには

日ごろに運動不足を解消しようと、ジムに通ってみたけれどなかなか成果が出ない。
そんな経験はありませんか?

 

私たちの身体は、生活習慣の積み重ねによって少しずつ変化していきます。

 

運動をしてもダイエット効果が見られないのは、
不規則な生活習慣によって脂肪を燃焼しにくい体質になってしまったからなのです。

 

痩せやすい身体の人と痩せにくい身体の人では、
同じ運動をしたとしても脂肪燃焼効果が全く違います。

 

また、私たちの身体は運動をしていないときにもエネルギーを消費しているのです。
このエネルギー消費量を基礎代謝といいます。

 

特別な運動をしているわけでもないのに痩せている人を見て、
不思議に感じる方もいたことでしょう。

 

そういった方々は、基礎代謝が高いため
蓄えた分のエネルギーをすぐに消費してしまうのです。

 

痩せやすい身体を作るには、生活習慣の改善が不可欠です。
睡眠時間の確保やバランスの取れた食生活を続けていくうちに、
余計なエネルギーはしっかり消費しつつ、
運動の効果が向上する身体に生まれ変わります。

 

実は、生活習慣を変える以外にも痩せやすい身体を手にする方法があったのです。

 

それが、ヨガになります。

 

ヨガは、呼吸やポーズを通して身体と心を正常な状態に戻すことを目的としているのです。

 

近年では、ヨガそのものにフィットネスやトレーニング効果も付加されているため、
ダイエットに最適なのです。

 

ヨガには多くの種類があり、それに比例してヨガスタジオも増えています。
 
そこで今回は、ダイエットに適したヨガの種類と
ヨガスタジオでヨガを楽しむポイントをご紹介します。

呼吸改善で痩せる

ヨガをするうえで欠かせないのが、正しい呼吸法です。

 

どれだけポーズをとったとしても、
呼吸を疎かにしていてはヨガ本来の力の半分も発揮出来ないのです。

 

ヨガの最中に行われる呼吸は、大きく2種類になります。

 

1つは、腹式呼吸です。

 

普通の呼吸では吸い込んだ空気が胸や肺までしか届かないことがしばしばです。
腹式呼吸では、お腹まで空気を落としますから、
普段よりもたくさんの空気を吸い込むことが可能になります。
お腹まで吸い込んだ空気は、当然お腹から外に吐き出されます。
このとき、お腹周りの脂肪が刺激され腹筋運動の役割も果たしているのです。

 

もう1つは、胸郭横隔膜呼吸という呼吸法になります。

 

この呼吸はお腹ではなく肋骨の下部に刺激を与えます。
これによって、お腹と胸の間にある筋肉を鍛えられるだけでなく、
身体の中心から歪みを治してくれるのです。

 

どちらの呼吸法も、普段の呼吸に比べて吐く息の量も多くなっています。
吐く息にはエネルギー消費で用済みとなった二酸化炭素が含まれており、
これを多く吐き出せれば細胞の活性化、
いわゆるアンチエイジングの効果が見込まれるのです。

 

ご紹介したような呼吸を通して内側から筋肉を刺激すると、
インナーマッスルが少しずつ発達します。
目に見えないインナーマッスルも筋肉の一部です。

 

基礎代謝の活発性は筋肉量に比例するので、
呼吸によって痩せやすい身体に近づくことが出来るのです。

 

今まで行っていたダイエットの効果が薄いと感じている方は、
すぐに自分の呼吸法を確認してみてください。

 

現代では、腹式呼吸や胸郭横隔膜呼吸を実行している人が少なくなっています。
普通とは違う呼吸法をマスターするには、ヨガスタジオで指導を受けましょう。

 

 

更新履歴